FC2ブログ

種苗法今国会成立断念で深い傷を負った三菱さんを守ろう!

種苗法今国会成立断念。
柴咲コウさんなど芸能人の発信は心強い影響力を発揮した。
しかし、手放しでは喜べない。
種子法が可決される事態を想定して、3年ほど前だろうか、三菱化成さんは、対応に乗り出した。
種苗法の先導役を買って出たのである。
種子法という恐ろしい法案は治癒し、今国会成立を待っていた。
そして、今国会成立断念。
いろいろ段取りをしていた三菱さんの損失は莫大なものになった。
しかし、種苗法成立断念と言うことであれば、根底の部分から危険は解消する。
しかし、次期国会で審議継続となれば、三菱化成さんのノウハウ流出は免れない。
場合によっては、種子法提案当時のクーデター勢力側の意向が復活してしまう可能性もある。
柴咲コウさんの発信は、本当に貴重だが、やはり、法の素人が立法や国会運営に独立して強い影響力を発揮するのは、
メリットだけでなく、大きな危険も伴う。
芸能人の影響力は絶大だけに、少し危険を感じる。
事務所も、やみくもに適当に発信を認めるのでなく、各方面と連携を取りながら発信してほしい。
しかし、柴咲コウさんの発信は、大きな一歩になったことは、間違いない。
みこにゃっこ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

miyconyakko365

Author:miyconyakko365
メーカーが心を込めて作った商品が、買って欲しい人に本当に届いているのか。
そもそも、まず利益ありきで原材料を後から決めていないか。
中小企業庁所管の流通シンクタンク研究員として培った経験を活かして、流通ルポライターとして独立。
架空の王子ルイスを中心に経済用語を易しく解説。
流通マーケティング、発信します!
(記事はフィクションの場合もあるのでご注意ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR